夢総花~壁紙ブログ

野花の詩!

     

    「花のたましい」

   散ったお花のたましいは、
   み仏さまの花ぞのに、
   ひとつ残らず生まれるの。

   だって、お花はやさしくて、
   おてんとさまが呼ぶときに、
   ぱっとひらいて、ほほえんで、
   蝶々にあまい蜜をやり、
   人にゃ匂いをみなくれて、

   風がおいでとよぶときに、
   やはりすなおについてゆき、

   なきがらさえも、ままごとの   御飯になってくれるから。

            ~金子みすず~

 野花を写すようになった原点は、この詩との出会いでした。深い感動で涙が、零れました。
優しくて広い心・・・自然を見つめる素晴しい視線・・・
大きな自然の中の、小さな自然です。何かを、表現出来たら良いのですが・・・
人間も其の中の生き物なのですから・・・

f0033856_18301781.jpg


f0033856_18304934.jpg


f0033856_18312920.jpg


f0033856_18314429.jpg


f0033856_18315831.jpg


f0033856_1832994.jpg

[PR]
by 1000-kaze | 2010-06-14 18:34 | 壁紙